すっかり馴染みのアモバン!いつも枕元に置く睡眠薬

アモバンの使用時の注意

人はだれでも不安や悩みを抱えています。
また日常生活でストレスを感じたり、それが時として夜も眠れないほどに悩み睡眠障害になることもあるでしょう。

次の日も早起きなのに眠れない。。その眠れないことが新たなストレスを生みとても悪循環です。
そんな睡眠障害の方に大変人気の睡眠薬である
アモバンというお薬をみなさんご存知でしょうか?
このアモバンというのは、非ベンゾジアゼピン系というタイプの睡眠薬です。
その非ベンゾジアゼピン系とういのは、簡単に説明しますとベンゾジアゼピン系の改良型ということになります。
それは睡眠薬が持っている本来の目的である、眠くさせる作用だけを発揮することで、そのほかの余分な作用をなるべく出さないように工夫したものです。もちろん安全性に関して評価の高いお薬ですが、副作用が全く無いということではありません。
個人差にもよりますが、特に代謝・分解が遅い体質を持った人はやはり副作用も強いという報告を受けています。

その副作用というのは主に、ふらつき、眠気、頭重、頭痛、不快感、めまい等ですが、
まれに翌日、口内に苦みが残ると報告もあります。

特に注意をしなければいけない副作用としては眠気の副作用です。

夜眠る前にアモバンを服用し眠りにつけてものの、起きて日中になってもまだ眠気が取れないようだったらそれは眠気の副作用であり、集中力も薄れますし仕事にも力が入らないでしょう。
それでは夜に眠れなく日中に眠たくなるのと変わりありません。

次の日に持ち越すようならば服用する容量を軽くし、錠剤を半分にカットするなどして量を減らすようにすればいいでしょう。
容量を減らすことで睡眠薬としての効き方も減るのでどの容量が自分に合っているか試しながら服用すると良いでしょう。

また、その他の副作用としては睡眠薬を服用するにあたっての依存性なども起こる可能性がありますので、やたらむやみに服用しないよう十分注意して使用する必要があります。